Img_1594f1a37946b067bbad23b1f5a30882
「日本の夜明けぜよ。…ちょっとこれ持って」
Img_fba7cfa48624d093404347109c34783c
「ググりまーす」
劇団羅針盤第四十回公演『さらば愛しき時代の月よ』にたくさんのご来場ありがとうございました。
坂本龍馬とタツマを演じました能沢秀矢です。

Img_ee7882082b8d9818a14adb2890166505
「ついに持てなくなりましたー。鎖国ばんざーい」
Img_b23050f7c5d224f5a3f0b79b289bbcc6
「じゃあタツマ達はどうなるぜよ」
ついに!ついに羅針盤で時代劇を!僕がまだ羅針盤のお客だった頃からアンケートに「羅針盤の時代劇がみたいです」と書き続けてた甲斐があった!やったぁぁぁ…違う、僕出演しなきゃなんだ(汗)
いや、もちろん羅針盤の舞台に出るのはめちゃんこ楽しいですよ?
ただ、稽古してると時々思うんですよ。これ客席で見たいなぁ…って。もう誰かコピーロボット作ってください(笑)
Img_bd73510d32de9ba37f9ac1881d73a2ac
「薩奸会賊って書いちょる」
Img_4ed5c522b69c08b48cab50ec3e57e922
「めっちゃ怒ってたぞ長州」
今回苦労したことといえばやっぱり着物ですね。いつもしてる動きが結構封じられたりするんです。立ち回りシーンでも、困ったときの回し蹴りとか出来ないんですよね(笑)
しかも、舞台には190㎝の高台が!梯子で上るのですが、袴だとすぐに引っ掛かってしまうんですよね。昔の人はよくコレで生活してたなぁ…。
Img_3d5061483cb244dc7794e6a48f8ead19
「損得で動くなら!商人の方が勝ち目がある」
Img_5d615c9e515e97a0d25d6e7520f89820
「生きろっつってんだよ原始人!」
最後に、今回のことについてです。
劇団羅針盤のお客様、関係各所の皆様、そして劇団不完全燃焼のお客様。このたびは、代表・和田和真が皆様にたくさんのご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。劇団不完全燃焼の副代表としてお詫び申し上げます。なぜ彼がこのような行動をとってしまったのか、僕は彼から何も聞けていません。演劇生活を長く共にした仲間として非常に残念な気持ちでいっぱいです。

『さらば愛しき時代の月よ』を上演することができたのは、代役を引き受けてくれたたいせーさん、全力でサポートしてくれたキャストとスタッフの皆様、そしてなにより最後まで応援してくださったお客様のおかげです。本当にありがとうございました。

(日記当番 能沢秀矢)
Img_8739ceffb60eac5ac113035e871554bc
「それが人間ぜよ!」
Img_eb453e7d8e749de19d343439a1e66ae7
「近藤さん、最後に会えて良かったよ」
Img_0ca50c648339565acba8f211f2054670
「新撰組副長、土方歳三!」
Img_4b31af6f97884a41dc150b85774e68b9
「ここここ怖いー!」
劇団羅針盤第40回公演「さらば愛しき時代の月よ」
皆様のお陰で無事終えることが出来ました。
ご来場頂いた皆様、本当に有難うございました!
トシミ&土方歳三役の矢澤あずなです。
Img_e627bd2ea5c25521a4d5cbc0655a7da0
「池田屋事件の顛末は、長州方を中心に、死者・・・」
Img_d8a14a3a7065f0d35dbe9b4a9e50f416
「え、更衣室あるんですか?」
歴史が大のつくほど苦手な私が、偉大な歴史上の人物を演じるとは…。
史実と違えど、こんな土方さんがいてもきっと良いですよね?笑
トシミという名は私がつけました。
台本に煮詰まる代表の一言。
「アイデアくれ」
じゃあ名前は歳三だからトシミで!
何て安易!笑
そしてそのまま採用される、羅針盤あるある。
因みにタツマも同じ理由で名付けました。
龍馬だからタツマ。
安易すぎる!笑
「現代から何持って行きたい?」
8×4!
真面目です。矢澤はいたって真面目に答えてます。
蔵の中で男子だらけでおまけに生首わんさかな世界において、現代人の私達には臭い対策は大事である!笑
そんな風に台本のアイデア出し合ってました。いたって真面目です。
歴史苦手な矢澤は最早小ネタ担当でしかありません笑
Img_af6e5a8637019e199a28628957f08484
「父親のケンリ、明日の話は分らぬ!」
Img_5ac276ff156057510d74ceb3fc12d079
「偉い。学習したんだね勇ちゃん」
お客様のアンケートに書かれている「観たい芝居」
毎回色々書いてあるのですが、昔から「時代劇」とか「新撰組」とか「忠臣蔵」とか歴史物がよく書いてありました。
いつかやりたい。
いつかやろう!
と思い、ようやく辿り着くことが出来ました。
まだまだ皆様の「観たい芝居」に応えていきたいです。
出来る限り応えるつもりです。
何年かかるかなぁ…笑
Img_90b4f82f5a27a9eb7a67e1e20b3a43cb
「チェストーっ!」
Img_b1bf2167d5af8fbca9080b1216765686
「新撰組は土佐の脱藩郷士如き、斬る価値もねえ」
毎度のことながら、頼もしい仲間に恵まれ、心強いスタッフさんに助けられ、そしてたくさんのお客様のお陰でお芝居が出来ています。
これからも皆様にたくさん楽しい芝居をお届けします!
ということで次回は今月末!笑
「芝居小屋羅針盤っ!~四の段・桜の陣~」
新キャストでの「取調室」
そして子供にも大人にも大人気の「3びきのこぶたと」
皆様どうぞお楽しみに♪

(日記当番 矢澤あずな)
Img_0c99165ae522cff22ece1c8771e870a5
「行けよタツマ!堂々と、勝負だ」
Img_0fbc07968d6765aa08d4789dde56f4f0
「死に物狂いで手前を狙ってやるぜ」
Img_88d194d8da26776c6d50e844dd81151c
「開けないでください粉ミルク!」
Img_f6b62c96a36cc1edf9835dad9c000cdc
「いました! 桂小五郎です!」
劇団羅針盤第四十回公演『さらば愛しき時代の月よ』にお越し頂いた皆様、応援して下さった皆様、ありがとうございました。
加賀・山田源右衛門を演じました川端大晴です。
今回、悔しくも準備不足の状態でお見せすることになってしまいました。申し訳ありません。
それでも、沢山の方々が見に来て下さり、激励や「良かったよ」という感想までも頂きました。
心強いメンバーと優しいお客様に支えられて、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
Img_c08bbe8b1329e21fe88a3e613727f63b
「帰ります」
Img_b0106caa35c9857cf59756d3387b0010
「直しましょう歴史。正しい歴史に、戻すんです」
今回は幕末ものでした。
知っているようで知らない幕末。坂本龍馬でしょ、新選組でしょ、あれ禁門の変ってなんだっけ…?
知れば知るほど面白い幕末。カッコいいあの人は実は女好き?名前を知らないあの人、実は凄い人じゃん。
英雄を英雄にしたのは、本人以上に周りの人々のなのだと。
Img_5e281ef421f280a8646d9c8dc9854113
「歴史のもしも。新撰組が勝つ方法」
Img_c9575dad9d825a6ec1e6470cef75c25c
「振り切ったのは皆ではないか!」
近藤・土方・坂本の、真っ直ぐでカッコいい生き方たるや。
しかし山田は…カッコよくはない。加賀っちは尚更…。
でも、そんな人が不器用なりにも人々を動かしていきます。なんだ、カッコいいじゃないか。
稽古段階から好きなキャラでした。…まさか自分がするとは思ってもいませんでしたが。

経緯はともかく、僕は加賀・山田を演じることが出来て良かったです。楽しかったです。
それが少しでもお客様に楽しんで頂くことに繋がっていたなら、めちゃくちゃ嬉しいです。
Img_285681a9cdae408fe9c3f57545769841
「某は薩摩へたどり着いた! 遠かった。本当に遠かった」
Img_43b87ff019058879c15365ce69220af7
「じゃあ食えよミントチョコ!」
舞台セットも楽しかったです。
袴ではしごを上り下りするのは難しい…高台から降りるの怖えぇ…とも思っていましたが。
誰かが、これ船みたいじゃない?と言っていました。いつか海賊ものをしたりして。「ヨーソロー!」楽しみです。

今回も沢山の方々にお世話になりました。ありがとうございました。
次は芝居小屋!是非、お越しくださいませ。

(日記当番 川端大晴)
Img_ef2e929557759b5a62c91d4fccfab266
「もう、やっぱり、彼はもう坂本龍馬なんですよ」
Img_3864112f2b35f84904599817ce894ab9
「山田…!」「源右衛門にござる!」