舞台は灰色の雲に覆われた近未来。
奇妙な依頼を受けた男がアパートに帰るとそこには見知らぬ女・・・ならぬ、
見知らぬ「アヒル」が待っていた・・・・・そんなお話。

このお話はフィクションです。
国名とか団体名とか、なんかそんな感じのは全部架空の存在です。
たとえ実在のものと同じ名前であってもそれは多分気のせいです。
例えば劇中で香港マフィアとか言ってますが、
ここで出てくる香港は皆さんの知ってる香港じゃなくて、皆さんが知らない方の香港です。

ただこの架空の世界には、
現実の私達と似たような人間達がいて、
現実の私達と似たような心を持って生きている、それだけです。
Img_b0297dcbb816c58b9e9f76b06cfb557a
Img_c58c12898a75c4376d7eba4e6ad6ed0f