劇団羅針盤第三十四回公演『芝居小屋羅針盤っ! ~三の段・夏の陣~』

Img_d4f106fda8503f1814358242348d5efe
Img_449ece4c67dd77da439854a8f528ccc5
30~40分ぐらいの短めなお芝居をたくさんたくさん上演します。「もっと羅針盤が見たいなあ」そんな皆様のリクエストにお応えする「お芝居だらけの日々」、はじまりはじまり~!

7月29日(土) 14:00 A★ / 16:00 B★ / 19:00 C&P
30日(日) 14:00 C★ / 16:00 A / 19:00 B

A:『むかしむかしあるところに』
読まない読まない。今どき昔話なんて読まないよ。だけど、
「お願いがあるでござる」
本の中から出てきたのは、桃太郎?
「家来が集まらないのでござる!」
家来? 家来って・・・犬と猿と雉?
「きびだんご一つで命は懸けられぬと……」
そりゃそうだ。
頼りにならない犬猿雉を連れ、桃太郎とあたしは鬼と対決するのだ。………嘘って言って!

B:『サンブンノゴ』
父が死んだ。優しく、厳しく、そして破天荒な人だった。
あれから一年。久しぶりに兄弟は顔を揃えた。
「それでは、遺言状を開封します」
ちょっぴり、いやかなり予想外な内容は、まさに破天荒な父そのものだった。
「こんなのどうやって分けろってんだ」
あの、くそ親父っ!

C:『白玉は三つまで』
「お待ちしてました!」
バスツアーが到着した老舗旅館。
ひさしぶりのお客に喜ぶ女将と仲居。
倒産が決まったこの旅館にお客?
バスの故障で、たまたまここに助けを求めただけ。
「ここを、本当の宿泊先にする!」
旅館の人々と、そしてバスガイドの思惑が一致したとき、
お客を帰さないようにする一大ミッションが始まる。五十人前で。

P:『羅針盤パーティ!』
終演後、いつも劇団羅針盤を愛してくださる皆様と楽しいひとときを。なんたって目の前は、「花火大会」ですから。※行き帰り共に交通規制が予想されます。お早めにお越し頂き、またのんびり帰る心づもりがオススメです。

場所:金沢市民芸術村里山の家(金沢市大和町1-1)
料金:一般1,000円 高校生以下500円 ※29日19時のみ一般1,500円 高校生以下1,000円
※10歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください。(親子で観られる回を除く)

★親子で観られる回
子育て中のお父さんお母さんのため、ちびっこも大歓迎! 年齢制限ありません!
※未就学児は保護者の同伴が必要です。

チケット取り扱い(7月1日発売開始)
金沢市民芸術村
劇団羅針盤事務局
電話予約 080-3749-5489(受付時間:19:00~22:00)
CoRichチケット! (Click!) (6月24日、先行予約開始!)

作・演出:平田知大
参謀:寺嶋佳代
舞台:KATZ&β
道具:龍
衣装:YDKファクトリー
デザイン:北口加奈子
制作:劇団羅針盤制作部
統括:雪村つばき

問い合わせ:劇団羅針盤 (Click!) 

後援:石川テレビ放送、エフエム石川、テレビ金沢、北國新聞社、北陸朝日放送、北陸中日新聞、北陸放送